芝生の作成方法

緑の綺麗な芝生の作り方

自分の家庭の庭に、綺麗な緑の芝生があったら良いなと思うことがあります。子供も安全に楽しく遊ばせられるし、何よりも見た目が良いです。ゴルフ場のようなプロの作る芝生は無理かもしれませんが、寝転がれる程度の芝生であれば自分でも作ることが出来そうです。まずは、芝床に適した排水性の良い砂の多い土を作ることからスタートです。庭に砂を敷いたらホームセンターで手に入る芝床用の土を敷きます。芝床が完成したら、いよいよ芝生を敷きます。種から育てる場合もありますが、一番便利で育てやすくお勧めなのはマット芝を敷く方法です。種をまく方法は初心者には手がかかり、また育つまで時間もかかります。種を入手するほうが費用は安く済みますが、一般的にはマット芝がお勧めです。

作成とお手入れにかかる費用

芝生を作ったり、お手入れにはだいたいどのくらいの費用がかかるのか、気になる点だと思います。綺麗な芝生を維持するためには、日頃の手入れが欠かせないと言われています。作成段階に必要になるものは一般的に、砂と芝床用の土、マット芝、芝の目土です。家庭用のマット芝は1平方メートル約9枚束で700円程度です。これを庭の広さに合わせて何束か購入します。芝床用の土や、目土も一袋千円台で購入することが出来ます。庭の広さによって金額が大きく変わってきますが、これを見る限りそんなに高額な費用はかからないことが分かります。お手入れのための商品は、水撒き、肥料、雑草の除去などのアイテムが主です。お手入れ用アイテムもホームセンターなどで手軽に入手することが出来ます。

このエントリーをはてなブックマークに追加